スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人まね嫌う大阪人…ラーメン根付かぬ文化のなぜ?(産経新聞)

 ゴールデンウイーク明けの5月初旬。大阪・ミナミの居酒屋にラーメン部員が集まり、今後の方針について、意見をぶつけ合った。

  [フォト]ラーメンバトル個性派ズラリ!優勝「牛タンラーメン」の実力は?

 「大阪には地域色のあるラーメン文化がなんで根付かないんやろう」

 「大阪といえば粉モン文化。ラーメンも一種の粉モンなのに不思議ですよね」

 実は意外にも大阪はラーメン店が少ない。電話帳に登録されているラーメン店を調べてみると、大阪は人口1万人あたり1.2店(東京は3.1店)で全国最低。ちなみにうどん店は約2倍の2.2店。この数字だけを単純に比較すれば、大阪人はラーメンよりむしろ、うどんを好む傾向ということになる。

 とはいえ、大阪が全国ワーストというのはあまりにも寂しい。なぜ大阪にラーメン店が少ないのかという疑問は残るが、まずは「究極の一杯」を目指したラーメン作りにこだわりたい。そのヒントを探るべく、「自分は博多ラーメンで育った」と豪語する伊豆丸亮が立ち上がった。

 向かった先は、今年4月にオープンしたばかりのつけ麺専門店「宮田麺児」(大阪市中央区)。お笑い芸人、シャンプーハットのてつじ氏(34)がプロデュースしたことで話題になった店でもある。

 「フランスパンも麺やで」「小麦は絶対に裏切らへん!」。伊豆丸の取材を快く受けてくれたてつじ氏だが、さすがは「つけ麺王子」と呼ばれるだけあってコメントもひと味違う。「ラーメンにしろ、うどんにしろ、大阪の麺食はメーンがスープ。麺の地位が不当に低いんです」

 これはギャグなのか、それとも本気なのか。戸惑う伊豆丸をよそに麺へのこだわりを熱く語ったてつじ氏。取材が一段落した後、伊豆丸は勧められるがままに3杯をあっさりたいらげてしまった。

 空腹を満たし、趣旨を忘れかけた伊豆丸だが、ここでようやく本題を切り出す。「大阪にご当地ラーメンがないのはなぜ?」。てつじ氏の答えは明快だった。「大阪は何でも受け入れてしまって、特化しないんですよ」

 良いものは素直に受け入れる半面、型にはめられることを嫌う「気質」。大阪人特有の感性が、ご当地ラーメンを根付かせない背景にあるのか。ただ、究極のラーメン作りを目標に掲げる以上、途中で投げ出すわけにはいかない。

 ここでもう一人、ラーメン部が送り出したのは、一流フランスシェフの息子で「食通」を自称する藤谷茂樹。関西グルメ雑誌「ミーツ」などで執筆するグルメライター、曽束政昭氏(41)に大阪のラーメン事情についてうかがった。

 「大阪はうどん文化が色濃く、ラーメンの入る余地が狭かった。それに、大阪人には『ただ真似すんのはいや』という気質もあり、『この食材をみんなで使いましょう』となりにくい」

 とても丁寧な語り口の曽束氏だが、藤谷が「大阪のご当地ラーメンを作りたい」と尋ねると、一転して厳しい視線を向けた。「それは難しいですね。例えば河内鴨と泉州の魚介など、3つの地域が融合しないと大阪らしさは出ない。でも、うまくまとまりますかね…」

 考えてみれば、有名なご当地ラーメンは、店によって多少の違いがあっても、スープの味や麺作りのベースは同じだ。大阪の食材でどう表現するか、ポイントはそれに尽きる。

 取材を終えた藤谷を囲んでミナミに集結したラーメン部。さっそく“壁”にぶち当たり意気消沈したのか、いまひとつ盛り上がらない。すると、田中一世が突然テーブルをたたいて言い放った。

 「こうなったら指折りのラーメン職人に協力を仰ぐしかないですよ」。ラーメン部の危機を乗り越えるべく、わらをもすがる思いで再びあの男を訪ねた。

 ★これまでのあらすじ★ 大阪のご当地ラーメン作りを目指し、産経新聞大阪社会部の記者たちが勢いだけで結成した「大阪ラーメン部」。達人として名高い「支那そばや」店主、佐野実氏を訪ね、食材の大切さなど貴重なアドバイスをいただく。

 ■田中一世(30)

 千葉県出身。5年間の大学生活で「主食はラーメン」が定着。

 ■藤谷茂樹(28)

 千葉県出身。最近よくラーメンを食べる。彼女も募集中。

 ■伊豆丸亮(33)

 福岡県出身。外食マニア、エンゲル係数は「K点越え」らしい。 

 35歳以下の記者で取材・執筆しています。投稿やお便り、質問は下記のアドレス(月刊オーサカ箱【U35】編集部)までお寄せください。

u35@sankei.co.jp

【関連記事】
トマトラーメン 健康志向追い風の赤い新定番!?
富山の人気ラーメンをカップめんに サークルKサンクス 
ラーメン“ネタ”交換 フジとWOWOWが異色コラボ
韓国では居酒屋ブーム 日本食が大好き
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向

ネットワールド、NRI の VMware 対応管理ツール「Senju」を共同販売
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
ボーナス使い道、貯金21万円が最多 買い物予算は7・7万円(産経新聞)
「亀梨さんのブレスレット販売」=投資話で現金詐取、男逮捕―神戸地検(時事通信)
日本の“seifuku”を世界に――「なんちゃって制服」の殿堂、CONOMi物語(Business Media 誠)
スポンサーサイト

【中医協】回復期リハ入院料1の届け出、1年で4倍超に(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月26日、中央社会保険医療協議会(中医協)の総会に、「回復期リハビリテーション病棟入院料1」の病院による届け出が昨年は836件(7月1日現在)で、2008年の195件(同)の4倍超に増えていたと報告した。

 回復期リハビリテーション病棟入院料1は08年度の診療報酬改定で導入され、算定病院がクリアすべき基準としては、「新規入院患者に占める重症患者の割合が15%以上」(現在は20%以上)などが組み込まれた。一般病棟と療養病棟のいずれからも移行できる。

 報告によると、病棟の種類ごとの届け出は、一般が08年の115件(5047床)から昨年は430件(1万8671床)と3.7倍の増加。療養では、08年は140件(6555床)だったが、昨年には755件(2万9232床)と5.4倍に増えていた。

 勤務医の事務作業を軽減する狙いで08年度に新設された「医師事務作業補助体制加算」の病院による届け出は、08年の730件から昨年は1098件に増えた。


【関連記事】
【中医協】改定の「特別調査」、今年度は5項目で-結果検証部会
DPC準備病院、来年度は募集せず―中医協総会で了承
【中医協】高度医療2技術を了承
2010年度診療報酬改定のポイント(3)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加

普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」
日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)
子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
05 | 2010/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ミスターたけしのじま

Author:ミスターたけしのじま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。